組織概要

代表世話人挨拶

酒井 謙
東邦大学医学部腎臓学講座 教授

菊地 勘
豊済会 下落合クリニック 理事長

本ネットワークは平成17年4月26日に設立され、今年で13年目を迎えました。本会は東京都区部における災害時の透析医療を円滑に行うために、災害時情報伝達の手段の提供、訓練、自助公助を促す区民公開講座を通して、平時より災害時透析医療を行うための知識や技術を共有することを目的としています。

本年は13年目の節目にあたり、その活動・役割を改めて考えなおす時期に入ったと考えております。下図に示すように、東京都三多摩災害時透析医療ネットワーク、東京都臨床工学技士会とともに、新たに設立された東京都透析医会を中央におき、日本透析医会並びに東京都福祉保健局との連携を図ってまいります。都区部の災害に備えるだけでなく、全国災害の時にはその対応に積極的に参加していくことを目指します。特に施設間の連携の強化、各ブロックの行政を交えた災害訓練、災害セミナー開催はその活動の中心であり、透明性をもって活動してまいります。その任に当たりまして、酒井・菊地の両名で代表世話人を行うにあたり、皆さまのご意見、ご協力をぜひ賜わりたく存じます。

都内7ブロックの透析施設職員(事務職、看護職、臨床工学技士)、透析関連医薬、医療機器関連会社、関係都庁、区役所などの行政機関、さらには自衛隊、空港、港湾、警察、消防、水道、電気などの防災組織の皆様の橋渡しを行い、災害弱者の透析患者・家族の医療に万全を期してまいります。

構成組織

東京都区部災害時透析医療ネットワーク組織の構成

都区部ブロック

都二次診療圏の区分けに従う

ブロック長

都二次診療圏の災害透析医療責任者でありブロックを統括する

  • ブロック長はブロックの各区に責任者を設け、区行政との連携を円滑に行う
  • 各区の責任者と連携して、ブロックの透析施設に呼びかけて、ネットワークブロックを運営する
  • ブロックの災害時連絡網を確立して会員に周知する
  • 各施設の災害関連情報を収集して、区部災害時透析医療ネットワーク事務局に連絡する
  • 小規模災害時の相互扶助システムを創設する
  • 災害時対応に関する患者・スタッフの教育の場を設ける

他団体との連携

  • 災害発生時などの必要時には、区部ブロックと連携して、情報の収集・伝達等の対応に当たる。
  • 東京都透析医会災害対策委員会と連携して、三多摩腎疾患治療医会、東京都臨床工学技士会や日本透析医会および東京都福祉保健局との情報の共有化を図る。

東京都透析医会 災害対策委員会

東京都透析医会に設置されている三多摩腎疾患治療医会、東京都区部災害時透析医療ネットワーク、東京都臨床工学技士会の連絡協議会

東京都区部災害時透析医療
ネットワーク事務局

〒143-8541 東京都大田区大森西6-11-1
東邦大学医療センタ-大森病院 人工透析室


電話

03-5767-7371


FAX

03-5767-7372



トップに
戻る