平成7年(1995年)1月17日(火)5時46分、兵庫県南部をマグニチュード7.3の大地震がおそいました。死者6,433名、負傷者43,792人、全壊半壊の棟数249,180棟と莫大な被害をもたらしました。神戸市内112病院の被害は、全半壊が12病院で、壁に亀裂が入る等の軽度の被害を含めると被害率は約90%となり、ほとんどの透析施設が透析施行不能となり、透析患者は大阪及び岡山方面へ、透析施設をもとめて移動する事となりました。このときの経験から、災害地と災害地の周辺地域の透析施設との連携が、災害時の透析医療を確保する上で大切であることが認識されました。 災害から10年、常にその必要性がとわれつづけていましたが、平成16年10月23日の新潟県中越大震災など、一連の災害をきっかけに、平成17年4月26日、都庁第2本庁舎31階特別会議室において東京都区部災害時透析医療ネットワークが設立されました。
 本会は、東京都区部における災害時の透析医療を円滑に行うため、都区部の透析医療施設間の災害時情報伝達の手段を提供するだけでなく、平時より災害時透析医療をおこなうための知識と技術を共有することを目的にしています。本会は、東京都三多摩災害時透析医療ネットワーク、全国の災害時透析医療ネットワーク、日本透析医会、日本透析医学会と協力して透析における災害時医療を策定し、都区部の災害に備えるだけでなく、さらに全国の災害時にはその対応に積極的に参加することも検討中です。 いつ起こるかわからない災害に対して、できる限りの対策をたて、透析患者の医療に万全の対応をはかるため、都区部の全透析施設と、またこの意図にご賛同いただける団体(透析関連医薬・医療機器関連会社、その他団体)を結集して、災害時の透析医療を担保するために努力する所存です。皆様のご参加とご協力をお願いし、一方ではこの努力が実を結ぶような災害が起きないことを祈念したいと思います。
平成21年4月吉日
東京都区部災害時透析医療ネットワーク
代表世話人
秋葉 隆(東京女子医科大学腎臓病総合医療センター血液浄化療法科 教授)
飯野 靖彦(日本医科大学附属病院腎臓内科 教授)


トップへ戻る
お問い合わせ   ikaneko@kc.twmu.ac.jp