ご案内

設立趣旨

平成7年(1995年)1月17日(火)5時46分、兵庫県南部をマグニチュード7.3の大地震がおそいました。死者6,433名、負傷者43,792人、全壊半壊の棟数249,0180棟と莫大な被害をもたらしました。神戸市内112病院の被害は、全半壊が12病院で、壁に亀裂が入る等の軽度の被害を含めると被害率は約90%となり、ほとんどの透析施設が透析施行不能となり、透析患者は大阪及び岡山方面へ、透析施設をもとめて移動する事となりました。このときの経験から、災害地と災害地の周辺地域の透析施設との連携が、災害時の透析医療を確保する上で大切であることが認識されました。災害から10年、常にその必要性がとわれつづけていましたが、平成16年10月23日の新潟県中越大震災など、一連の災害をきっかけに、平成17年4月26日、都庁第2本庁舎31階特別会議室において東京都区部災害時透析医療ネットワークが設立されました。

入会案内

本会は、東京都区部における災害時の透析医療を円滑に行うため、都区部の透析医療施設間の災害時情報伝達の手段を提供するだけでなく、平時より災害時透析医療をおこなうための知識と技術を共有することを目的にしています。

本会は、東京都透析医会災害対策委員会と連携して、三多摩腎疾患治療医会、東京都臨床工学技士会や日本透析医会および東京都福祉保健局と協力して、都区部の災害に備えるだけでなく、全国の災害時にはその対応に積極的に参加いたします。

いつ起こるかわからない災害に対して、できる限りの対策をたて、透析患者の医療に万全の対応 をはかるため、都区部の透析施設には正会員として、またこの意図にご賛同いただける団体(透析 関連医薬・医療機器関連会社、その他団体)には、賛助会員としてご入会をお願いいたします。

皆様の参加により、このネットワークは強固に組織され、災害時に「頼りになる仲間」を創ることができるものと考えます。また、会員には施設内に提示できる会員証を発行し、本会ウェブサイトに施設名を掲載しますので、透析患者の安心につながるものと考えます。

皆様の参加をお願いいたします。

東京都区部災害時透析医療ネットワーク
代表世話人
酒井 謙
(東邦大学医学部腎臓学講座 教授)
菊地 勘
(豊済会 下落合クリニック 理事長)

お問い合わせ

東京都区部災害時透析医療ネットワーク事務局
〒143-8541 東京都大田区大森西6-11-1
東邦大学医療センタ-大森病院 人工透析室
事務局長 津田 圭一

  • 電話:03-5767-7371
  • FAX:03-5767-7372

入会申込書(PDF:128KB)

PDFファイルを閲覧するためには、アクロバットリーダーが必要です。
Adobe Acrobat Readerのダウンロードをおすすめします。

会則と概要

東京都区部災害時透析医療ネットワーク会則

第1条(名称) 本会は、東京都区部災害時透析医療ネットワークと称する。

第2条(事務局) 本会の事務局は、東京都大田区大森西6-11-1 東邦大学医療センタ-大森病院 人工透析室に置く。

第3条(目的) 本会は、東京都区部における災害時透析医療を円滑に行うため、災害時における透析医療に関する知識の普及、技術の向上、情報交換の方法の確立、都区部周辺地域との協力関係の樹立等をはかることで、災害時における透析医療の安定的な供給を行うのに資することを目的とする。

第4条(事業) 本会は、東京都区部災害時透析医療ネットワークの運営ならびに前条の目的を達するために必要な事業を行なう。

  1. 東京都区部災害時透析医療ネットワークの構築と運営
  2. 東京都区部災害時透析医療ネットワークメーリングリストの設定と運営
  3. 東京都区部災害時透析医療ネットワーク災害時模擬訓練の実施
  4. 災害時透析医療の啓発に関する事業
  5. その他、目的を達成するための事業

第5条(会員) 本会は、本会の目的に賛同する透析施設の代表(正会員)及び団体(賛助会員)をもって構成する。

第6条(会費) 正会員は会費、賛助会員は賛助会費を納入するものとする。その詳細は細則に定める。

第7条(役員) 本会に次の役員を置く。

  1. 代表世話人:2名 世話人会の推薦により定め、本会を代表し、本会を総括監督する。
  2. 世話人:本会の目的に賛同する、透析医療を行っている都区内の拠点病院や透析施設の代表を世話人とする。また、世話人会にて、本会の運営の方針を決定し、事務局を統括する。
  3. ブロック長:7名 東京都2次医療圏ごとに世話人の互選により定め、各ブロックを統括する。
  4. 事務局長:1名 事務局を統括し、本会の事業の実務に当たる。その詳細は細則に定める。
  5. 会計監事:2名 会務を監査する。
  6. 顧問:若干名 本会に顧問をおくことができる。顧問は世話人会、総会において意見をのべる。

第8条(役員の任期) 役員の任期は3年として、世話人会において互選により選任する。なお再選を妨げない。なおブロック長の異動のある時は、世話人会にて後任者を定める。その任期は前任者の残りの任期とする。

第9条(会議) 本会の会議は世話人会、及び総会とする。

第10条(世話人会) 代表世話人は、顧問・世話人・ブロック長・事務局長からなる世話人会を開催し、会務に必要な決定、必要あるときは細則の改訂をおこなう。

第11条(総会) 世話人会は、年1回および世話人会の発議により、総会を開いて本会の重要事項を決定する。総会は委任状を含む過半数の出席により成立し、出席会員の過半数の賛成により決定する。

第12条(会計) 本会の経費は、会費、寄付金、その他をもってあてる。本会の会計年度は4月1日より翌年3月31日までとし、会計監事はこれを監査する。

第13条(変更) 本規則の改正は、世話人会の発議により総会で行う。

付則:本規約は、平成17年4月26日より発効する。
事務局の変更は、平成30年4月1日から施行する。

細則:

  1. 本会の会費は、正会員年額1万円、賛助会員年額5万円とする。
  2. ブロック長は、ブロック副長、ブロック世話人、ブロック事務局長を決定し、「東京都(二次診療圏名)ブロック災害ネットワーク」を運営する。
  3. 1. 事務局には、事務局員をおく。

名称

東京都区部災害時透析医療ネットワーク

内容

本会は、東京都区部における災害時透析医療を円滑に行うため、災害時における透析医療に関する知識の普及、技術の向上、情報交換の方法の確立、都区部周辺地域との協力関係の樹立等をはかることで、災害時における透析医療の安定的な供給を行うのに資することを目的とする。

組織及び代表者

代表世話人

酒井 謙 (東邦大学医学部腎臓学講座 教授)
菊地 勘 (豊済会 下落合クリニック 理事長)

ブロック長

区中央部
鶴岡 秀一(日本医科大学腎臓内科 教授)
区南部
区西南部
区西部
若井 幸子(大久保病院腎内科 部長)
区西北部
藤垣 嘉秀(帝京大学医学部附属病院腎臓内科 教授)
区東北部
区東部

事務局長

津田 圭一

お問い合わせ先

東京都区部災害時透析医療ネットワーク事務局
東邦大学医療センタ-大森病院 人工透析室
〒143-8541 東京都大田区大森西6-11-1
電話:03-5767-7371 FAX:03-5767-7372
E-mail:

入会申し込み

年会費を銀行窓口にてお振込みの後、別紙(当ページ下部)「入会申込書」に必要事項をご記入の上、 銀行の振込み受取書のコピーを貼付してFAX:にてお送り下さい。

銀行の振込受取書を領収書にかえさせていただきます。領収書が必要な場合、銀行窓口よりお振込み下さい。

入会申込みには記入漏れのないようにお願いいたします。

入会申込書の書き方

Webでの公開の可否

すべての項目に(可・否)の欄があります。
必ず何れかに○をおつけ下さい。(無記入の場合、公開させていただきます。)

「所属ブロック」

区中央部
台東区、中央区、千代田区、文京区、港区
区南部
大田区、品川区
区西南部
渋谷区、世田谷区、目黒区
区西部
新宿区、杉並区、中野区
区西北部
板橋区、北区、練馬区、豊島区
区東北部
足立区、荒川区、葛飾区
区東部
江戸川区、江東区、墨田区

「施設コード」「同時透析数」「最大透析患者数」「夜間透析」「治療法」「認定施設」「教育関連施設」

日本透析医学会施設会員名簿記載のものと同様にお書き下さい。(変更がある場合は最新情報をご記入下さい。)

年会費

  • 正会員:10,000円
  • 賛助会員:50,000円

お振込み先

銀行名・支店
三菱UFJ銀行 蒲田支店 店舗番号117
口座番号
普通預金 0953864
口座名
東京都区部災害時透析医療ネットワーク 酒井 謙

入会申込書(PDF:128KB)

PDFファイルを閲覧するためには、アクロバットリーダーが必要です。
Adobe Acrobat Readerのダウンロードをおすすめします。

東京都区部災害時透析医療
ネットワーク事務局

〒143-8541 東京都大田区大森西6-11-1
東邦大学医療センタ-大森病院 人工透析室


電話

03-5767-7371


FAX

03-5767-7372



トップに
戻る